医療法人 青松会
サイトマップ 更新情報
HOME
河西田村病院
支援センター
訪問看護
パインドーム
通所リハビリ
河西田村病院・リハビリ室
メタボリックシンドロームを予防しよう
 
 来年度よりメタボリックシンドローム予防として糖尿病など生活習慣病の予備群を早期に発見、運動や食生活などの改善を指導して,病気の発症を減らす計画で08年より特定健診が導入されます。
 メタボリックシンドローム(メタボリック症候群:内臓脂肪症候群)の考え方を2008年4月から健康診断に導入し、へそ回りや血清尿酸の測定を新たに義務付けることを、厚生労働省は決定。40歳以上を対象とし、健診でメタボリックシンドロームの有病者とメタボリックシンドローム予備群を抽出。保健指導で生活習慣の改善を図ると いうスタンスになります。
メタボリックシンドロームとは
 
 メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型肥満に加えて、糖尿病、高脂血症、高血圧などの異常を複数併せ持つ状態で、動脈硬化になりやすい状態のことを意味します。糖尿病、高脂血症、高血圧のひとつひとつの異常はごく軽い異常でも、これらが重なり合っている状態は動脈硬化が急速に進行している状態を示しており、突然心筋梗塞や脳血管障害で命を落としたり、重い後遺症を患ったりすることもあります。現在、40歳以上の3人に1人はメタボリックシンドロームに該当すると言われており、特に肥満傾向の方、お腹周りの気になる方は要注意です。運動不足と乱れた飲食習慣の蔓延化した現代社会に、新たな警鐘を鳴らしていると言えるでしょう。
メタボリックシンドロームの診断基準
 
必須項目
内臓脂肪蓄積
ウエスト周囲径 男性85cm以上
  女性90cm以上
(内臓脂肪面積 男女とも100平方cmに相当)
選択項目
高脂血症 中性脂肪
150mg/dl以上
または/かつ
HDLコレステロール
40mg/dl未満
高血圧 収縮期血圧
130mmHg以上
または/かつ
拡張期血圧
85mmHg以上
高血糖 空腹時血糖
110mg/dl以上
このうち2つ以上に該当
メタボリックシンドロームの予防・改善
 
 生活習慣病の重複状態であるメタボリックシンドロームは生活習慣を早めに改善することで予防できます。またすでに診断された方も生活習慣を見直していくことで改善が期待できます。
 自分でも感じる健康と、実際の健康状態にはズレがあることがあり、現在は自覚症状がなくても病気の予備群であることが少なくありません。
 健康診断の結果は、注意が必要な病気や生活習慣の改善のポイントを知る重要な手がかりです。是非、年に1度の健康診断を有効に活用して、メタボリックシンドロームを予防・改善して下さい。
戻る

Copyright(C)2003-2005 Seishou-Kai All Rights Reserved.