リハビリスタッフ募集

法人施設紹介 教育・研究など 先輩インタビュー 医療法人 青松会 採用情報

法人施設紹介

河西田村病院

病床数 108 床
一般病棟 33 床、回復期リハビリテーション病棟 25 床、障害者施設一般病棟 50 床、老人保健施設パインドーム・通所リハビリテーション青空・訪問リハビリテーション。

リハビリ室スタッフ

理学療法士 18名(非常勤勤務1名) 作業療法士 5名 言語聴覚士 4名(非常勤勤務2名)リハビリ助手 2名(非常勤勤務2名) 計 29名 (平成30年現在)

人員配置

病院勤務 PT12名、OT5名、ST4名、リハビリ助手2名、
老人保健施設勤務 PT5名
通所リハビリテーション青空 PT2名(病院勤務と兼務)
訪問リハビリテーションPT1名(病院勤務と兼務)

リハビリテーション室

教育・研究など

教育

プリセプター制度

新人スタッフがより早く通常の業務を習得できるように、新人スタッフ1名につき、プリセプターを1名設けます。
プリセプターが新人スタッフの主な相談役になってくれます。

勉強会

毎週木曜にリハビリスタッフ内での勉強会を実施しています。(例:脳画像からみる予後予測、統計学論文検索の方法、論文の読み方 etc )

院内研修会

月に1~2回、院内で勉強会を行っています。(例:トランスファーの講義、医療安全・感染予防について etc )

介護予防教室

月に1回、地域在住の方々向けに地域包括支援センター主催の介護予防教室を開催しています。
年に1~2回リハビリスタッフも協力し、体力測定や運動指導も行っています。

研究など

最近の学会発表・論文投稿

2017年度

学会発表

  • 鈴木 佑弥,慢性期脳卒中患者の歩行自立の可否を判断する麻痺側大腿四頭筋筋力と筋厚のカットオフ値の検討,第22回和歌山県病院協会学術大会
  • 赤澤 直紀,慢性期脳卒中患者におけるBody mass indexと筋量および筋内脂肪量との関連,第52回日本理学療法学術大会
  • 貴志 将紀,歩行が自立していない慢性期脳卒中患者における筋力と筋量および筋内脂肪量との関連,第52回日本理学療法学術大会

論文投稿

  • Akazawa N, Relationships between intramuscular fat, muscle strength and gait independence in older women: A cross-sectional study. Geriatr Gerontol Int 17(10): 1683-8, 2017.
  • Akazawa N,Determining the cut-off value for knee extensor strength for identifying independence in gait in chronic stroke survivors. J Rehabil Med 49(9): 765-7, 2017.
2016年度

学会発表

  • 赤澤 直紀,要介護高齢者の大腿四頭筋の筋内脂肪量と筋力との関連性,第52回日本理学療法学術大会
  • 大川 直美,慢性期脳卒中患者における麻痺側・非麻痺側下肢の筋量・筋内脂肪量と歩行自立度の関係,第52回日本理学療法学術大会
  • 日野 斗史和,入院高齢患者における筋内脂肪量と筋力,歩行自立度および日常生活自立度との関連,第30回和歌山県理学療法学術大会
  • 田中 正道,健常高齢者,虚弱高齢者および要介護高齢者の筋内脂肪量とBody Mass Indexの関連,第30回和歌山県理学療法学術大会
  • 高橋 慎一,入院高齢患者における筋内脂肪の量的特徴,第30回和歌山県理学療法学術大会
2015年度

学会発表

  • 貴志 将紀,歩数を増やす介入が地域在住高齢者の四肢筋量に与える効果,第20回和歌山県病院協会学術大会
  • 岩井 悠希,要介護高齢者の膝関節伸展筋力を規定する要因の検討,第20回和歌山県病院協会学術大会
  • 徳村 太地,日常生活自立高齢者と要介護高齢者の骨格筋量指標を推定する簡便な予測式の作成,第3回慢性期リハビリテーション学会

論文投稿

  • Akazawa N,Effects of long-term self-massage at the musculotendinous junction on hamstring extensibility, stiffness, stretch tolerance, and structural indices: a randomized controlled trial. Phys Ther Sport 21: 38-45, 2016.

最近の参加学会

2017年度
  • 第52回理学療法全国学術大会(千葉)
  • 第54回日本リハビリテーション医学会学術大会(岡山)
  • 第59回全日本病院学会in石川(石川)
  • 第25回慢性期医療学会in仙台(宮城)
  • リハビリテーション・ケア合同研究大会 久留米 2017(福岡)
  • 第57回近畿理学療法学術大会(滋賀)
  • 回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手(岩手)
2016年度
  • バリアフリー2016【第22回 高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展】(大阪)
  • 第51回理学療法全国学術大会(北海道)
  • 第2回リハビリテーション先端機器研究会(京都)
  • リハビリテーション・ケア合同研究大会 茨城 2016(茨城)
  • 第56回近畿理学療法学術大会(和歌山)

機器等

実習生実績

2017年度 PT10名

先輩インタビュー

経験年数:4年目
職種:理学療法士
勤務場所:一般病棟+訪問リハビリテーション

①当院を選んだきっかけ:臨床だけでなく研究にも力を入れて取り組んでおり、自分の勉強になると思ったから。
②楽しいと思う瞬間:患者様が喜んでくれたとき。
③やりがい:患者様が笑顔で退院していくのをみているとやりがいを感じます。
④今取り組んでいること:臨床研究の情報収集。
⑤後輩へ一言:すごく楽しい職場で優しいスタッフばかりです。研究なども行っており自分のやりたいことが出来る環境だと思います。


経験年数:2年目
職種:理学療法士
勤務場所:一般病棟

①当院を選んだきっかけ:アットホームな雰囲気にあこがれて。
②楽しいと思う瞬間:患者様に「リハビリのおかげでよくなりました。ありがとう。」と言っていただけた瞬間。
③やりがい:患者様が笑顔で退院されたとき。
④今取り組んでいること:研究発表に向けての資料作成。
⑤後輩へ一言:一つ一つ丁寧に指導してくださる先輩ばかりで社会人1年目でも安心して仕事が出来る素敵な職場です。


経験年数:4年目
職種:理学療法士
勤務場所:回復期リハビリテーション病棟

①当院を選んだきっかけ:人間関係の良さを感じたため。
②楽しいと思う瞬間:患者さんが良くなったとき。
③やりがい:日々のリハビリにより患者さんの状態に変化があらわれたとき。
④今取り組んでいること:入院患者さんに協力をいただいて研究をしています。(超音波を用いた筋量・筋内脂肪量のデータ収集など)
⑤後輩へ一言:人間関係が良くとても働きやすいです。臨床に疑問を思った事をすぐに研究することもできる良い環境だと思います。

リハビリテーション

〒640-8413 和歌山県和歌山市島橋東ノ丁1-11
電話:073-455-1015(代表)


受付時間

入院 8:30~17:00 年中無休 ※
外来 9:00~12:30 月〜土
訪問 13:30~17:00 月〜金

土日祝は回復期リハビリテーション病棟に入棟されている患者様のみ実施しています。


休診日

外来:日祝
訪問:土日祝

通所リハビリテーション
青空

〒640-8413 和歌山県和歌山市島橋東ノ丁1-11
電話:073-453-8220


受付時間

通所 8:30~17:00
短時間通所 8:30~12:30


休診日

通所:日祝
短時間通所:日祝


トップに
戻る